ブログ移転のお報せ

ブログをFC2からBloggerに移転しましました。
当ブログをブックマーク・RSSを登録されていらっしゃいましたら、
お手数ですが、下記URLにて再登録いただいけますようお願いいたします。

   ONEHITWONDER(Blogger)
   http://misoka09.blogspot.com/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




HR#31
気がついたら、キャラットの発売日は昨日だったようで。
終盤に向けてどんどん一見さんにつらい状態にはなっているHRですが、今回も楽しんでいただけたらなによりです。

すこしずつ動いていく関係や、変わっていくそれぞれ。

今回は、久しぶりに二中の制服や回想シーンなどを描くことになりましたが、描きながらあらためて中学時代からの彼女たちをずっと見続けてきたんだなあという感慨に浸りました。

連載の掲載とほぼ時間軸を同じくして時間が進んできたわけなので、「そうか、文化祭はもう2年前だったっか。時間がたつのは早いもんだなあ。」と思ったものです。

まるで、気づいたら子役タレントが大人になっていたかのような、親戚の子供が大きくなっていたような、そんな感じです。

とりわけ大きな意味をもつ伏線ではないと言っていたハナの初体験にまつわるエピソードが今回もすこしとりあげられました。
HRの中でも、とりわけ人気の高かったハナ。基本分け隔てはないわけなので、僕自身も好きなハナですが、こういうことになって、読者さんからどういう目線で受け入れられることになるかは不安でした。

当初8月に初体験のエピソードを描くことになるとわかった時点で、一番の不安要素としてあったのがそれで、つまり8月号から最終話までの半年間、ハナがどう見られてしまうかだったのです。
彼女的に当然あせりはあったわけですが、こうして(世間的には普通かもしれませんが)、ほかの子よりも早く階段を登ってしまったハナに対して読者さんに失望だったり嫌悪を抱かせてしまいたくないという気持ちはつよかったのです。

ただ、それを無理にフォローするエピソードは描くべきではないので、そこには注意していきたいと思います。

彼女たちには、たとえ読者さんに失望されたとしても、はたまた暖かいまなざしで見守ってもらえたとしても、その動きにはなんら影響なく、ありのままでいて欲しいと思ったので、失望するにしても見守るにしても、読者さんそれぞれの価値観で、ありのままを見てもらえればどちらでもいいなと思いました。

そういった、これといった正しい読み解き方の存在しない、読者さんひとりひとりの価値観によって捉え方の違う別のお話としての、そんなとりとめのない彼女たちの日常を、今後もあともうしばらくの間、見守って欲しいと思うしだいです。
スポンサーサイト




素子ドール
誕生プレゼントを催促するためにつけたPNではなかったのですが、この名前ゆえに多くの読者さんが僕の誕生日を知っています。
毎年、読者さんから誕生プレゼントをもらっておりまして、本当に申し訳ない気持ちですが、そこまでしていただけることに心から感謝しています。

さて、当然のことながらそういったプレゼントをいただいても普通は見せびらかしたりはしないものですが、今回ばかりは少し勝手が違います。

今年は、かなりサプライズなプレゼントをいただきました。

表題のとおりの素子のドールです。

素子のドールを作ってる人がいるということは、ちょっとしたきっかけで知ってはいたのですが、まさか誕生プレゼントのために作られていたとは思っていなかったので驚きました。
素子ドール

自分はドールには造詣はありませんが、見てのとおりとてもよい出来栄えです。
目も手塗りで雰囲気を近づけようとしてもらった感じですし、髪の毛もよい感じに丁寧に再現されています。
そしてなにより、制服の吊スカートは手縫いのようです。
裁縫は初挑戦とおっしゃってましたが、いやいや言われなければ市販品だと思っていました。

あまりの出来栄えに、これは僕が飾っておくだけではもったいないと思い、製作者の北川圭さまの許可を得て見せびらかすことにしました。

造詣がないので、あまりそれっぽい感想らしいことは言えないのですが、かなり気に入り、今は食卓に飾ってにまにましております。

きららで連載が決まったとき、一応まがりなりにも一般誌ですしオンリーイベントなんかもあるジャンルなので、もしかしたらHRの二次創作とか作ってもらえたりしないかな?と淡い期待を抱いたものですが、残念ながら二次元媒体では今のところないようですね。
実は、立体では以前にも知人の小林さばおさんがピンキーストリートの改造でHRの面々を作ってくれていました。
これも初めて現物をみたときは感動ものでしたね。
これは私の手元にはないので、小林さんのブログ「合図にそっとキスしよう」でご確認いただきたいと思います。
こちらの「過去の記事」カテゴリーから、HRピンキーのページに降りれるようになっています。

そして、立体といえば、LOでフィギュアを出すというお話があって、なんどか見本をみせていただいています。
こちらも、かなりよい出来栄えだと思いますので、機会がありましたらぜひお手に取っていただきたいところです。

僕の絵は、立体的になんとかなってそうで、実はかなりうそだらけなため、作りやすそうで作りにくいはずなので、よく作れるなあと本当にいつも感心します。

以前、立体認識の勉強になるかと思いポリゴンに手を出して挫折し多経験があります。でも、あらためてなんらかの方法で自分なりの絵の立体感構築ができたらいいなあと思うので、そういった意味合いに於いてもこのように立体に触れる機会というのは僕にとって新たな何かになりそうです。




ロリコン雑感
ロリコンを自覚し、カミングアウトしてから5年が経つ。
自覚からカミングアウトまではすぐだった。
カミングアウトしなくてはならないという気持ちがあった。

20歳前後の頃によく遊んだ仲間内のひとりがコアなペドフィリアだったが、基本的に他人の価値観を尊重するつもりだった自分は、最初はそれについてどうとも思っていなかった。
しかし、しばらくして彼は、まだ自覚すらなかった僕の潜在的なロリコンを見抜いたのか、僕をとある雑居ビルへと連れて行ったのである。

ここで僕のロリコンに対する考えは変わってしまった。
当時の僕の心境からすれば、それはひどくおぞましい光景だった。
都心の学生街からすこしはなれた雑居ビルの一室は、非合法なロリータポルノで埋め尽くされ、その手の趣味の人たちがそれらを物色していた。

あまりの光景に限りなく気分を害しつつも、口にはださないように出てきたつもりだったが、やはり顔色には出ていたようで、その友人は「わかってもらえると思ったのに・・・」と悲しそうな顔をしていた。

ぼくは、少年少女のイキイキとした存在そのものの輝きが好きなので、今はどうだか知らないけれど、当時のそのアングラのロリータポルノ特有の「家庭の事情で売られました」的にすら見える被写体少女の、少女であることや、女であること、ひいてはそれ以前の人間であることすら諦めてしまったような生気のないまなざしと、弛緩した肉体にひどく吐き気を催した。

幼い肉体ならいいのか?

そういうなりふりかまわない醜悪さを感じて、20代の頃はロリコンをひどく嫌悪していたので、自分の性癖に気づいた時はショックだったし、自分に選べる道は2つだけだった。

完全に心のうちにしまっておくか、それともカミングアウトするか。

個人的には当時からポリシーを持っていたつもりだったし、隠しておくことが好きではなかったから、その選択はすぐだった。

誇りをもったロリコンになろう。
そう思いました。


漫画というのはよいものである。
たとえエロを描いたとしても、そこには搾取される対象がない。
ロリコン漫画を根絶することはたやすいだろうけれど、ロリコンを根絶することは、法律でも作って大量虐殺しない限り不可能だから、そういう人に対して代償行為を提供できるロリコン漫画は、有益でこそあれ害であると考えること自体がおかしい。

よくよくロリコン漫画に影響された性犯罪などがメディアで取りざたされるが、世に存在するフィクションにおいて、犯罪や暴力、不倫などのインモラルな表現が一切出ない作品というのはかなり少ない。
もしあらゆる犯罪を抑制したいのならば、今あるフィクションの大多数を取り締まらなくてはならないだろう。
人々は社会性ゆえに抑圧されたインモラルな欲求の代償行為をフィクションに求めているのであり、犯罪を犯す人間はフィクションに影響されなくたってそれをする人間である。

むしろ代償行為の取り上げこそが犯罪増加につながると僕は思うので、昨今謳われるロリコン漫画規制の動きは、もし規制派の勝利でおわった日には、アメリカの禁酒法に次ぐ世紀の悪法になるだろう


少年少女の性を妄想して喜ぶことは悪くないと思う。
幻想としては、あまりに甘美で魅力的なものであり、その妄想を非難する権利は誰にもない。
いちロリコンである僕はそう思うのだが、やはりそれは、あくまでファンタジーと割り切った妄想にとどめておける理性は持ち合わせていて欲しいものだとも思う。

ひとりの人間としての人格を持った、今を生きる少女たちのその魂の美しさを、自然を愛でるように愛せる、そんなロリコンでありたいと思うし、世の同志たちにもそれを願うものである。




趣味の話
たまには活動以外の話もしよう。

といっても、基本的に無趣味なので書くことはあまりない。
知識は広く浅くでかなり多岐にわたるけれど、入れ込んできちんと知識を吸収したりといったことはまったくないので、趣味と呼べるものがひとつもない。

日常的に趣味にしてることといえば、マンウォッチングだろうか。
もっとも、少年少女や猫ばかり見てるかもしれないけれど、それも自営業でかつ電話とネットでほとんどが事足りてしまう昨今では出歩く回数も減り、若干頻度が落ちているのだが、執筆のモチベーションアップには欠かせない。

電車はといえば、先だっての「のりものと僕」にあったように、ちょっと電車好きなひとなら知ってるような基本的な車種をいくつか知ってるだけで、それ以上のことはわからないし、積極的に調べようとは思っていないので、見かけたときに「いいなあ」と思う程度。

バイクもほぼ同様で、実は原付免許しかもっておらず、機械音痴なので構造とかまるで知らない。
ぶっちゃけてしまうと、先日のHRでハナと藤村の前を横切るカブもどきを描いたのだが、ギアをアサスペンションよりも外側に描いてしまった。

どうやら、なんとなく好きという状態がここちよいらしく、マニアックに入れ込むということに抵抗があるらしい。
言い換えれば、むしろナマケモノなのかもしれない。

そんなわけで、ほぼあらゆるものにたいして「これが趣味です」と言うのは、それを真面目に趣味にしてるヒトに対して冒涜になりかねないので、無趣味ということにしているわけです。

more...




Photoscope

banner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。