ブログ移転のお報せ

ブログをFC2からBloggerに移転しましました。
当ブログをブックマーク・RSSを登録されていらっしゃいましたら、
お手数ですが、下記URLにて再登録いただいけますようお願いいたします。

   ONEHITWONDER(Blogger)
   http://misoka09.blogspot.com/




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




一冊分
いつもどおり、発売日よりすこし早めにフォワードの献本が届いた。
毎月芳文社から送られてくる献本には、雑誌とは別に掲載ページの切り抜きも添えてあるので、それを自分用にクリップでまとめておく。
こうして、今月分で単行本一冊分のクリップがまとまった。

連載開始から9ヶ月。
HRと比べたら半分のスパンで一冊分がたまったことになるのだが、毎月のページ数はHRの約3倍だから、この短期間にしては結構なボリュームになった。

世の先生方に比べたら全然すくないんだけどね。

よく描いたなあ・・・というのが実感。
悪く言ってしまえば見切り発車で、言葉で説明できないようなビジョンをどうカタチにしていくか手探りではじめたこの連載。
まとまった一冊文を改めて見返してみて、描きたかったものに対してぶれずに進められたんじゃないかと思う。
作品としてどういう魅力や面白さを提示したかったかを、書き手自身が言葉にできなくちゃいけないという理屈もないだろうし、同様に読者さんにとっても言葉にできなくても、そこになにかしら感じて貰えたらそれでいいのだと思う。
そういった理由から、論評する人にとっては、けなすにしてもほめるにしても面倒な作品だろう。

いいなと思ってくれる人は少なからずいると思う。
少なからず・・・じゃビジネスとしてはまずいんだろうけどね。
ビジネスとしてギリギリ成立+αくらいの人に喜んでもらえたら御の字。

きらら層だけにとどまらず、いろんな人に手にとって欲しい。
言葉にはできない、僕が伝えたかったことに周波数あわせられる人を少しでも開拓したい。

そのためにも、綺麗に表紙を飾ってあげなくては・・・

カバーデザインは宮村さんがいいなあ。
「あでい」「HR」と奇しくも宮村さんだったから、今後ずっと宮村さん指名し続けたい。

いい単行本になるといいな。

そうこうしてるうちに今日はフォワードの発売日。
楽しんでもらえることを祈りつつ期待と不安でドギマギする毎月恒例行事の日。
そんな思いを楽しみながら表紙を描くとしよう。




COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
ついに単行本ですね。楽しみですよ!

Photoscope

banner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。